メイクブラシでチークは変わる!

この記事は約47秒で読めます

最近新たにチークブラシを購入しました。今までのは馬毛と松リス毛の混じったブラシでしたが、新しいのは山羊毛・粗光峰のブラシです。

使ってみて驚いたのは、ブラシによってチークの発色が大きく異なること。分かりやすく真っ赤なチークで塗り比べてみました。使用したチークは、THREE(スリー)のカラーヴェール フォー チークス〈19 LOVE KICK〉です。

赤いチークとチークブラシ

ACRO – THREE
カラーヴェール フォー チークス #19 LOVE KICK
4.5g/税抜3,000円

 

毛の種類による比較

馬毛&松リス毛(左):
鉄舟collection
Mライン チークブラシ
税抜4,500 円

粗光峰(右):
竹宝堂
H-6(パウダー/チーク)
税抜3,200円

 

本来はティッシュや手の甲で落ち着かせてから使用しますが、今回はどちらも3往復して2回粉を払った状態でつけています。力加減が違うだけとは言い切れないぐらい、色の出方が大きく異なるのが分かるかと思います。チークの発色の良さや馴染み方はかなりブラシに左右されるようです。

色や質感がしっくりこなくて眠っているチークがあるのなら、一度ブラシを変えて使用してみるのをオススメします。

2018/03/17
色味の修正のため、写真を差替ました。

関連記事

  1. READ MORE

    RMKで私色のアイシャドウパレット

    2015-08-06

  2. READ MORE

    私の乙女心が目覚める香り

    2015-07-23

  3. READ MORE

    ロフト2020AW① CANMAKE シルキースフレ...

    2021-01-31

  4. READ MORE

    毛穴落ちには一も二もなくまず保湿

    2015-03-06

コメント

HTMLタグはご利用いただけません

ABOUT

sara

すっぴんで日常を送っていた女子力ゼロの女が、メイク技術を日々少しずつ向上させていくべく修行をしています。何年経っても相変わらず女子力は低いままですが、地道に頑張ります。
#小麦肌 #ブルベ #サマータイプ #黒髪 #卵型 #奥二重 #ほぼ一重 #裸眼 #まつげパーマ

RECENT ARTICLES

  1. READ MORE

  2. READ MORE

  3. READ MORE

  4. READ MORE

  5. READ MORE

ARCHIVES

ページ上部へ戻る