休止中にヘビロテした白鳳堂のブラシ2本

この記事は約1分6秒で読めます

ブログ更新をお休みしていた間はノーメイクの日が多かったのですが、時間に余裕のある日はたま~にメイクをして過ごしていました。そんな日によく使っていたブラシたちがこちら。

 

アイシャドウブラシ
アイシャドウブラシ アップ

白鳳堂
メイクアップブラシ #B132 アイシャドウ 丸平(シャンパンゴールド)
税抜2,800円

ひとつは、少し大きめのアイシャドウブラシです。ちょうど小指ぐらいのサイズかなと思います。

イタチ毛で出来ているため、アイシャドウがとてもよく発色します。できるだけ濃く色を乗せたいとき、パキッと発色させたいときに重宝します。

ブラシにしてはラメも絡めとりやすいので、ラメをガツンと入れたいときにも使っています。指で塗布するより、使った後の処理が楽なので気軽に使えるんですよね。

 

アイシャドウブラシ アイシャドウブラシ アップ

白鳳堂
メイクアップブラシ #G5529 アイシャドウ 丸
税抜1,700円

もうひとつは、長い毛が細く束になっているアイシャドウブラシです。綿棒より一回り大きいぐらいのサイズです。

リス毛で出来ているため、アイシャドウの発色は少し抑えめ。色がぼやけたような感じになります。ピンポイントで薄く発色させたいときや、締め色をぼかすときに使いやすいです。

しかしながら、奥二重の私は締め色を塗る範囲が大きく、このブラシでは些か細すぎました。今はこれより太めのブラシが見つかったため、こちらはあまり使わなくなりました。

 

こうして2本をマジマジと観察すると、メイクを始めた頃の私では手に取ろうとも思わないような、個性的なものだなと感じます。メイクをすることに慣れていくにつれて、使うツールもどんどん変わっていくんですね。来年の私はどんなものを使っているんでしょう。

関連記事

  1. READ MORE

    最近の眉毛事情

    2020-04-27

  2. READ MORE

    2020年 春コスメは赤推し?

    2020-01-15

  3. READ MORE

    スモーキーに目元華やぐアイシャドウ

    2014-11-01

  4. READ MORE

    肌荒れを感じさせないベースメイクのつくり方

    2015-03-25

コメントをお待ちしております。

コメント

HTMLタグはご利用いただけません

ABOUT

sara

すっぴんで日常を送っていた女子力ゼロの女が、メイク技術を日々少しずつ向上させていくべく修行をしています。何年経っても相変わらず女子力は低いままですが、地道に頑張ります。
#小麦肌 #ブルベ #サマータイプ #黒髪 #卵型 #奥二重 #ほぼ一重 #裸眼 #まつげパーマ

RECENT ARTICLES

  1. READ MORE

  2. READ MORE

  3. READ MORE

  4. READ MORE

  5. READ MORE

ARCHIVES

CALENDAR

2017年11月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る